• ホーム
  • ミノキシジルが配合されているAGA治療薬はツゲインとロニタブ

ミノキシジルが配合されているAGA治療薬はツゲインとロニタブ

2020年05月22日
鏡を見ている男性

ミノキシジルが配合されているAGA治療薬を使用する人もいますが、ツゲインとロニタブがあります。ミノキシジルは血管に作用することにより発毛を期待することができる薬で、もとは高血圧改善のための血管拡張剤として開発されています。この副作用としてよく知られているのは、体毛が生えやすくなることです。それにより育毛剤としても転用され始めます。特に頭頂部が薄くなり始めている初期の薄毛に高い効果が出ますし、頭頂部に向かえば向かうほど毛細血管が集中しているので、ミノキシジルの特徴である血管拡張効果を期待できます。

AGA治療の内服薬として処方されるツゲインやロニタブはよく知られていて、服用方法も簡単です。ミノキシジルには内服薬と外用薬があり、血流に乗って細胞まで届け浸透率が高いのが内服薬です。外用薬よりも高い効果が期待されるので、多くの患者が満足しているという結果が出ています。肌が見えないくらい毛が生えることなど、かなり高い薄毛改善効果が認められています。成分の浸透率が高いだけあり、外用薬に比べると早い効果を実感する人がたくさんいます。ミノキシジルの外用薬は、臨床実験もおこなわれて色々な実証もされ始めており、半年使い続けた結果9割以上の人に薄毛改善効果が見られたという結果です。抜け毛の減少や産毛が発毛したという変化も見られるため、多くの人から支持を得ています。頭皮の血流をよくすることで、毛根までも栄養を行き渡らせることが可能です。発毛をさせることがミノキシジルの主な作用で、毛乳頭細胞を増殖させることも期待できます。

ミノキシジルを外用薬として利用するときは、副作用として頭皮の痒みが一番大きいです。そのほかには因果関係が明らかにはなっていませんが、頭皮に発疹が出たりかぶれ・フケや熱くなることもあります。そのほかには気が遠くなったりめまいがすることや、頭痛も見られていることから仕事に影響するケースも知られています。胸の痛みがあったり心拍数が早くなる・手足のむくみや体重増加もあり、湿疹や脂漏性皮膚炎もよくあります。内服薬の服用方法は水と一緒に使用しますが、使い方を間違えると副作用がさらに強く出ることも知られます。ミノキシジルの使い方は、含有量が多いほど副作用が発生するリスクが高まります。内服薬の副作用は低血圧になったり、反射性高血圧や全身の毛が濃くなることもあります。また手足がむくんだり、頭痛やめまい・動機やふらつきなども見られるため、車の運転をするときには控えるようにしましょう。