• ホーム
  • AGAの治療はプロペシアにお任せあれ!

AGAの治療はプロペシアにお任せあれ!

2020年05月19日
薬を口に入れる男性

AGA治療でプロペシアがよく使われますが、これは皮膚科学会でも強く勧められると発表しているからです。これほどの効果が確認されているため、継続服用することで薄毛も改善されていきます。プロペシアは段階Aの評価を受けており、5段階の中で最上となっています。

実効性があるAGA治療薬のプロペシアは、有効性が認められていたり、医師が管理している素で薄毛治療に用いられているので安心感もあります。薄毛が進行するにあたって抑制効果も信頼性があるとしていますし、内服薬なので周囲にも薄毛の治療を受けていたり悩んでいることを気づかれにくいです。ミノキシジルやフィナステリドなどはプロペシアのジェネリックとして知られていますが、テストステロンを変換する物質を阻害する働きがあります。毛母細胞の成長も抑制することができ、髪の毛が太く成長することを妨げて脱毛を引き起こすDHTを抑制するのがこれらの薬剤です。より強い効果を期待することができますが、ミノキシジルとの併用をすればさらに効果が期待できます。フィナステリドは男性ホルモンと強く関係していますが、継続服用をすることで高い効果を得ることが可能です。

プロペシアの副作用で報告されているものは、男性機能に関する症状が多くなっています。DHT抑制作用が強く働くので、体内で作られている男性ホルモンの量が減少します。内服薬ですがこれにより肝機能に関する症状が出てくることもあり、併用することが推奨されていません。体内で生成されるはずの男性ホルモンは内服薬を服用することで生成されなくなるので、このような副作用が発生します。男性ホルモンが十分満ちていると体が判断するため、新しく作られなくなってしまうのです。

クリニックで治療を行う時は、月に1度の通院が基本です。内服薬による費用の相場は約15,000?17,000円で、診察料が約3,000?5,000円になっています。稀に診察料が無料のクリニックもあるので、費用を抑えたい場合はこういったクリニックを探す方法もあります。総額の費用が約18,000?22,000円ですが高いところであれば、40,000円以上するクリニックもあるので注意が必要です。他の治療法も併せて行う時は、さらに費用が上乗せされるので高くなります。ほとんどのクリニックで無料のカウンセリングを行っており、本当にAGA治療が必要かどうかもわかります。薄毛の状態を知ることで、本当に治療をする必要があるのかも知ることができます。薄毛の状態により費用も変わりますので、カウンセラーと相談することも可能です。